乳酸菌は体に良い働きをして健康を維持することに貢献します

乳酸菌は体に良い働きをして健康を維持することに貢献します

乳酸菌は口から、ヨーグルトやサプリメント、飲み物などで入って、生きたまま腸まで届く乳酸菌と、胃酸や胆汁などで死んでしまう乳酸菌の二種類に分かれます。乳酸菌を摂るときには、腸まで生きて届くものを選んで摂る方が体のためにとてもいいことになります。 善玉菌と悪玉菌 腸内には善玉菌と悪玉菌が存在します。そこでそのバランスが乱れてしまい、悪玉菌が増えてしまうと体調に影響を与えて、高血圧やがんや肝臓病になったり、老化を進めたりすることになって、悪玉菌は毒素を発生させるのです。体にいろいろな不具合を起こす原因となるその毒素の発生を抑える力が乳酸菌にはあるのです。それで、乳酸菌には悪玉菌をやっつける働きがあるのです。 乳酸菌の働きが腸まで生きて届くと、腸内環境を良くして、免疫システムを刺激して、活性化させて、風邪や肺炎、結核などの感染症を予防する働きが盛んになって、健康でいられるのです。体内ではがん細胞が1日に5000個も作られているといいます。そのがんの発生物質を分解する働きが乳酸菌にはあるとされているのです。 それで、腸内で乳酸菌が多くを占めるようになったら、発ガンが抑えられたり、健康でいられるので、とても健康に良いのです。 最近では乳酸菌には花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーにも効果があるとされていて、アレルギーの病気を抑える働きがあると考えられています。 アレルギーに効果がある乳酸菌 アレルギーは様々なところで発症して、体に悪影響を与えます。アトピー性皮膚炎などではかゆみが激しく、子供達などはかかずにはいられなくて、とても大変な思いをします。 そんなアレルギー体質を正常な状態に戻す働きがあるのが乳酸菌です。 アレルギーは免疫反応です。もともと、体を守るために出ている反応なのですが、それが悪くなって発症するので、本来敵に対して行われる行為が自分の体に向かって反応を起こして攻撃するのがアレルギー反応です。 乳酸菌が多く入った食べ物や、サプリメント、飲み物などで乳酸菌を多く取っていると、そのようなアレルギーが抑えられることがわかっています。乳酸菌はいろいろな病気やアレルギー反応を抑えることができる万能の食べ物であり、サプリメントなのです。 できれば、食品としてとったほうがいいのですが、難しいときには乳酸菌のサプリメントで補給するといいでしょう。 風邪をひかなくなったり、免疫力がアップしてがんになりにくくなったり、喘息に効果があったりと、腸内環境に非常に有効で、悪玉菌を死滅させて、腸内を善玉菌が多い状態にして頭痛やくしゃみ、咳などといったものを改善させることができるのです。 乳酸菌は生きたまま腸まで届くことが大切です。死滅した乳酸菌は働かないので、いくらとっても何の役にも立たないのです。生きた乳酸菌を摂るためにいろいろな方法がありますので、調べてみて、自分にあった方法で摂取することが望ましいです。

Copyright (C) 善玉菌と腸内環境の話. All Rights Reserved.