ビフィズス菌を増やす食べものとは

ビフィズス菌を増やす食べものとは

腸内環境をよくすることで便通がよくなります。腸内環境がよいとは、善玉菌の代表であるビフィズス菌が多いということです。 腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が棲みついており、常に陣取り合戦をしています。善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は2:1:7が理想といわれています。善玉菌ばかりで悪玉菌がいない方がよさそうですが、そうではないのです。 善玉菌の代表がビフィズス菌です。赤ちゃんの腸内の90%以上がビフィズス菌で、大人になってからは減少しますが、それでも善玉菌の大部分をビフィズス菌が占めています。 腸に棲んでいる細菌は食べたものの影響を受けて増えたり減ったりします。どうすればビフィズス菌を増やすことができるのでしょうか。 ビフィズス菌を増やす方法には、ビフィズス菌を含む食品を食べることと、ビフィズス菌のエサになるものを摂る二通りがあります。 ビフィズス菌が多い食品がヨーグルトです。ヨーグルトは乳酸菌によって発酵させていますが、ビフィズス菌を加えたものもあります。乳酸菌のみのヨーグルトもあるので、パッケージを見て確認してください。 腸内のビフィズス菌を増やすには生きて腸に届くことがポイントです。食べものから摂取したビフィズス菌は腸内に定住しませんが、生きて届いたビフィズス菌は、腸内で乳酸や酢酸などを作りだして腸内を酸性にします。腸内が酸性になることで悪玉菌が棲みにくくなり、もともと腸にいるビフィズス菌が増えやすい環境になります。 ビフィズス菌は熱や酸に弱く、胃を通過するときにほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。生きて届けるために、「生きて腸に届くビフィズス菌」など記載されているヨーグルトを選びましょう。 食べ方にもポイントがあります。 腸に届いてビフィズス菌は一定期間腸内にとどまりますが、数日で排泄されてしまいます。そのため、毎日食べ続けて補給する必要があります。1日100g以上を目安に食べ続けてみましょう。 生きて腸に届くビフィズス菌でも、できるだけ胃酸の影響を避けたいものです。食後は胃酸が薄まっているので、食後に食べることがおすすめです。 ビフィズス菌のエサになる食べものが食物繊維とオリゴ糖です。 食物繊維には水溶性と不溶性がありますが、ビフィズス菌のエサになって増やすのは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は海藻、よく熟した果物、大麦などに多く含まれています。 オリゴ糖は単糖類が数個つながった物質で、消化酵素で分解されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。ラフィノース、ガラクトオリゴ糖、乳化オリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖などいくつか種類があるので、いろいろと試してみてください。ヨーグルトにかけて食べると効果的です。オリゴ糖は熱に強いので、コーヒーや紅茶に入れたり、料理にも使用できます。

Copyright (C) 善玉菌と腸内環境の話. All Rights Reserved.